テレフォンセックスは実際にやってみないと楽しさは理解できない

他人から「テレセ(テレフォンセックス)は楽しいよ」と言われてもピンとこないでしょう。テレフォンセックスはお互いが興奮している声を聞くのです。いわゆる擬似SEXです。それならば風俗に行くほうがまし……そんな主張をする人もいます。

どうして大勢の人達がテレフォンセックスの虜になるのか?

実際にプレイしてみたらそれがわかります。リアルなセックスでは感じられない興奮がそこにあります。非日常的なセックス・神秘的な領域に入ることができます。これがテレフォンセックスの魅力です。

言葉で説明しても説明しきれないのがテレフォンセックス

実感できないでしょう。テレフォンセックスの素晴らしさを理解するには実際にやるしかありません。やらないとわからないのはテレフォンセックスに限ったことではありません。特にテレセ(テレフォンセックス)の場合は体験するべきです。

いかがでしたでしょうか?

テレフォンセックスに興味があるならば、10分でも20分でも、まずは体験してみましょう。合わない場合でも、損をすることはありません。

プライベートな情報を聞いたり教えるのはリスクがある!

電話エッチの場合は想像力を膨らましたいので、ついつい相手のことを詮索してしまう

もっともっとプライベートのことを知りたくなってしまうのです。自分のことをもっとわかってもらいたい気分になってしまうことがあるのが電話エッチです。
お互いにもっと知りたいと思う好奇心を持つのが人間です。話さなくてもよいことまで伝えてしまうことはよくあることです。

プライベートな情報を聞いたり教えるのはリスクがある!

よく知らない相手が電話エッチのパートナーであるのは普通です。しかし、電話エッチをしていると親近感を得られます。ついついよく知っている人物と錯覚してしまうのです。冷静になってください。個人情報を漏らさないように男性も女性も注意しましょう。

マナーを守ろう!

電話エッチの場合は相手が嫌がっている場合に、その気持ちを無視するのはタブーです。強引に個人情報を詮索するのはマナー違反・エチケット違反ですのでスマートではありません。電話エッチをする人は知的水準が高い人が多いです。マナーが守れない人はアウトです。お住まいや勤務先は質問するべきではありません。

個人情報を聞き出す業者もいる

相手の情報を聞き出すだけではありません。自分の個人情報を漏らしたりしないように警戒してください。また、趣味とか個人を特定されない程度のものならば問題はありません。配偶者や恋人の情報も触れないようにしまっしょう。